So-net無料ブログ作成

当ブログ「SONYで行こう。」をご愛読頂いております皆様へ

当ブログは2015年12月に当店webサイトhttps://www.ishikawadenki.com/blog/へ引っ越しを致しました。

こちらのソネブロでは「続きを読む」をクリックで当店webサイトでのブログへリンクするようになっております。

是非遊びに来てくださいm(_ _)m

VAIOをはじめ、ソニー製品のレビューやソニーストアの通販、お買い得情報の他、電気屋3代目夫婦の育児日記などを綴っています、愛知県西尾市のe-SonyShop石川電機のブログです

VAIO 2008年 夏モデル 第2弾&新型VAIO関連製品発表!NEWモデルはここをチェック! [VAIO]

本日VAIO 2008年 夏モデル 第2弾が発表になりました!

今回発表となったモデルは、
【VAIO】
VAIO type T
VAIO type L 15.4型ワイド
VAIO type L 19型ワイド
VAIO type L 22型ワイド
VAIO type R master

【エクステンションライン(VAIO関連製品)】
Canvas Online CP1
Liblog Station HS1 以上のモデルがVAIO 2008年 夏モデル 第2弾として発表となりました!

また、先行予約販売開始のスケジュールは以下のようになってます。

5月7日13:00より
・VAIO type L 15.4型ワイド
・VAIO type L 19型ワイド
・VAIO type L 22型ワイド
・VAIO type R master

5月9日15:00より
・VAIO type T

5月12日13:00より
・Canvas Online CP1
・Liblog Station HS1

まずはモバイルVAIOのVAIO type T

VAIO type T
VAIO type T
VGN-TZ93US・VGN-TZ93NS・VGN-TZ93S

SonyStyle販売価格:149,800円~(税込・送料無料・3年保証ベーシック付)

今回2008年夏モデルとして発表されたVAIO type T TZの特長は、OSにWindows Vista Home Basicが消え、新たにWindows Vista Ultimateが選択可能に。
(もちろん、Windows Vistaは、SP1(Service Pack 1)が標準搭載)

カラバリは従来のラインアップはそのままに、プレミアムデザインにホワイトベースの「ナチュラルフラワー」が新たに追加となり全11種類からの選択となりました。

気になるスペックはほぼ従来通りなんですが、ドライブ選択において、従来はフラッシュメモリー64GB、48GBが選択可能だったのに対し、48GBフラッシュメモリーが消え、フラッシュメモリーは64GBのみの選択となり全8通りからの選択に、また従来1.8インチ 80GB HDD+DVDという組み合わせから20GB容量アップの1.8インチ 100GB HDD+DVDに変更となった他、他モデル同様インターネットセキュリティーソフトにNortonからMcAfeeへ変更となっています。

また、本体ベース価格は従来の値下げされた状態よりもさらに5,000円安く、フラッシュメモリーは最大で26,000円も安く設定されており、VAIOの中でもダントツの人気を誇るVAIO typeTがかなり買いやすくなりました!

VAIO type T 2008年夏モデルの詳細はこちら

--------------------

VAIO type L 15.4型ワイド
VAIO type L 15.4型ワイド
VGC-LJ92S・VGC-LJ92HS
SonyStyle販売価格:109,800円~(税込・送料無料・3年保証ベーシック付)

今回、2008年夏モデルとして登場したVAIO type L 15.4型ワイドは、VAIOオーナーメード限定カラーが従来のプレシャスゴールドからプレイジングレッドに変更に。
(内容は今までと同じとなってます。)
筺体も外枠全体に施したスピーカーホールにより統一された美しさを実現し、アルミフレームに囲まれた透明フレームを採用することで浮遊感を演出されています。

また、CPUにはCore 2 Duo T8100 (2.10 GHz)が選択可能に。

VAIO type L 15.4型ワイド 2008年夏モデルの詳細はこちら

--------------------

VAIO type L 19型ワイド
VAIO type L 19型ワイド
VGC-LM92S
SonyStyle販売価格:151,800円~(税込・送料無料・3年保証ベーシック付)

VAIO type L 19型ワイドもCPUがアップグレードされていて、従来Core 2 Duo T7000番シリーズだったものが、T8300 (2.40 GHz)、T8100(2.10 GHz)へ、CeleronはCel 540(1.86 GHz)からCel 550(2 GHz)となっています。
また、ハードディスクドライブには今まで250GBがベーススペックだったのに対し、320GBがベーススペックに、最大で1TBが搭載できるようになりました。

VAIO type L 19型ワイド 2008年夏モデルの詳細はこちら

--------------------

VAIO type L 22型ワイド
VAIO type L 22型ワイド
VGC-LT92S
SonyStyle販売価格:164,800円~(税込・送料無料・3年保証ベーシック付)

VAIO type L 22型ワイドのCPUは、ベーススペックのCeleronがCel 540(1.86 GHz)からCel 550(2 GHz)へ、中間のCore 2 Duo T7250(2 GHz)からT8100(2.10 GHz)へとなっています。
また、ハードディスクドライブにはVAIO type L 19型ワイド同様、今まで250GBがベーススペックだったのに対し、320GBがベーススペックに、最大1.5TBはそのままに中間容量に750GBが搭載できるようになりました。

VAIO type L 22型ワイド 2008年夏モデルの詳細はこちら

--------------------

VAIO type R master
VAIO type R master
VGC-RM95US
SonyStyle販売価格:146,800円~(税込・送料無料・3年保証ベーシック付)
VGC-RM95S
SonyStyle販売価格:116,800円~(税込・送料無料・3年保証ベーシック付)
VGC-RM95CUS (Adobe Creative Suite 3 Production Premium モデル)
SonyStyle販売価格:299,800円~(税込・送料無料・3年保証ベーシック付)

VAIO type R masterは、Core 2 Quadがさらに進化!
45nプロセスのクアッドコア新CPUを採用で、新拡張命令対応により動画編集などがさらなる高速化を実現してて、VAIOオーナーメードで選択できるCPUはベーススペックにC2D E8200(2.66GHz)からC2D E8300(2.83GHz)へスペックアップ、クアッドコアにはC2Q Q9550(2.83GHz)、C2Q Q9450(2.66GHz)、C2Q Q9300(2.50GHz)が選択できるようになりました。

また、ハードディスク容量には従来250GBがベーススペックだったのに対し320GBがベーススペックに、最大で6TB(1TB×6)が選択可能となっています。

ソフトウェア面では、Adobe Photoshop Lightroom+αプレセット対応の他、Click to Disk搭載、Adobeソフトが最新のバージョンになっています。

VAIO type R master 2008年夏モデルの詳細はこちら

--------------------

Canvas Online CP1
Canvas Online CP1
VGF-CP1/B (ブラック)
SonyStyle限定販売価格:29,800円(税込)
VGF-CP1/W (ホワイト)
SonyStyle販売価格:29,800円(税込)

新たにVAIO エクステンションラインに登場したCanvas Online CP1は、いわゆるデジタルフォトフレームで、現在販売されているデジタルフォトフレーム”S-Frame”とちょっと違い、VAIO エクステンションラインというだけあって、ネットワークに対応(Wi-Fi 802.11 b/g内蔵)、インフォメーション機能として、RSSリーダーで登録しておくと、PCを起動せずに素早く情報をチェックすることができるツールが搭載されています。

また、VGF-CP1のサイズ・解像度は7型(800×480)で、S-Frameのエントリーモデルと同サイズ、内蔵メモリーはPCなどに保存されている画像を使うということで100MBの小容量となっています。

Canvas Online CP1の詳細はこちら

--------------------

Liblog Station HS1
Liblog Station HS1
VGF-HS1・VGF-HS1S

SonyStyle販売価格:59,800円(税込・3年保証ベーシック付)

Liblog Station HS1は、VAIOブランドの新しいネットワークHDDで、家庭内LANを利用してデータを保存できるので、PCの外付けHDDとして使用でき、複数のPCから同時に利用することができ、DLNAサーバとしても使えるようになっています。
また、ホームアクセス機能というものを利用して家の外からでもLiblog Station HS1にアクセス、保存が可能で外出先からでも自宅のLiblog Station HS1にバックアップができます。

気になるHDD容量はリテールモデル(店頭販売モデル)で1TB、ソニースタイル限定モデルで1.5TBもの大容量のHDDを搭載しているので写真や音楽だけでなく、ハイビジョンのビデオなども余裕で保存ができます。

また、Liblog Station HS1と同時発売のCanvas Online CP1との組み合わせで遠く離れた家族や友人に写真を贈ることも可能。
写真レターとして使うのも面白そうな機能の一つとなっています。
ソニールームリンクに対応しているので、Liblog Station HS1に貯めたコンテンツをPCやBRAVIA、PS3やNETJUKE、WA1で再生可能。
ソニールームリンクを完全サポートしているので、AVC HDはもちろん、主なコーデックは全て対応となっています。

そして、DLNAサーバとして使う際に気になる静音や消費電力については、2基のファンで効率的に冷却するので、とても静かに。また、自動パワーマネジメントシステムを搭載していることで、サーバー機能を停止しないまま、HDDへのアクセスを使用していない時は低すするスタンバイモードを搭載。利用状況に合わせた電源のマネジメントを自動で行ってくれるので低消費電力、静音、HDDの長寿命化を実現しています。

また、これだけいろんなことができるとなると設定も難しそうですが、Liblog Station HS1の設定CD-ROMをPCに入れるだけでO.K。この設定CD-ROMはナビゲーションが付いているので初めてでも簡単に設定することができるようになっています。

Liblog Station HS1の詳細はこちら

SONY VAIO 全モデルラインアップはこちら

法人名義にてVAIOを購入の方はこちら

VAIO 電話で相談・購入

SonyStyle

SONY VAIO(ソニー バイオ)

SONY VAIO ソニー バイオ

【e-SonyShop 石川電機のWEBサイト】



スポンサードリンク


nice!(18)  コメント(7) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 18

コメント 7

響(きょう)

ゆったりとしたパソコンライフをしたいです。(^^)
by 響(きょう) (2008-05-07 14:52) 

山倉ふう

Windows VistaのService Pack 1が標準搭載なのは嬉しいですよね。
リカバリの速度が違うと思います。
Vistaの遅さは折り紙つきなので、Service Pack 1を入れることによって多少なりとも改善すると良いなぁ。
by 山倉ふう (2008-05-07 15:16) 

coyote

もう、色々出て訳(*'▽'*)わぁ♪Rませんが、
HS1って面白そうですね~!
by coyote (2008-05-07 16:44) 

フェイリン

あれ、また新しいのが!w
先日買ったバイオ、一時間くらいしかいじってませんw
by フェイリン (2008-05-07 17:04) 

marco

昨日秋葉原いってVaioいじってきました。いまだMY VaioAはキー押した感触がいいです(^^v
(^。^)

by marco (2008-05-07 19:10) 

カズフミ

 今回は派手に発表してきましたね~♪
 豊かなパソコンライフになりそうですね~!
 でも現金が気になる…。orz
by カズフミ (2008-05-07 23:57) 

ishikawa

>響さん
>山倉ふうさん
>coyoteさん
>フェイリンさん
>marcoさん
>カズフミさん
コメントありがとうございます!
今回発表されたVAIOは大きくは変わってませんがVista SP1になったこととCPUが最新のものに、またソフトウェアのバージョンアップが主だったりしてますね。
ただ、新しくエクステンションラインとして発表された2モデルはかなり注目だったり!
また、未だ発表されていないVAIO typeSの今後などなど、目が離せないですね!
by ishikawa (2008-05-08 14:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。